教室案内

研究

研究テーマご紹介

テーマ

肺癌に対するCAR-T細胞療法の抗腫瘍効果 (竹田・三島)

CAR(キメラ抗原受容体)-T細胞とは、白血病や悪性リンパ腫の一部などで使用されている治療法で、ヒトのT細胞に、腫瘍表面の抗原を認識する遺伝子を導入し、作成したCAR-T細胞を患者さんに再投与すると腫瘍細胞を攻撃することで抗腫瘍効果を得られる新しい免疫治療です。
信州大学では小児科学教室でCAR-T細胞を用いた研究が進んでいます。この技術を肺癌に対して利用できないかと考え、肺癌に対するCAR-T細胞治療の有効性と安全性を確認し、新たな治療法とならないかと研究を進めております。
竹田は小細胞肺癌に対する、三島は非小細胞肺癌に対するCAR-T細胞を作成し研究を行っております。小細胞肺癌に対する、リガンド型ALK CAR-T細胞(特許取得済)の効果を確認、in vitro, in vivoでの研究を行っております。

リガンド型CAR-T細胞を用いた小細胞肺癌に対する治療法の樹立

ページトップへ戻る